事業紹介

相談⽀援事業相談⽀援事業

相談⽀援事業

その方の希望する
生活の実現に向け
さまざまな相談をサポート

希望するワークスタイルの実現に向けて、うつ病などのメンタル不調の方や障害のある方、家族などからの相談に応じる窓口となるのがRodinaの相談支援事業です。

「福祉サービスを利用したいけど、何をどうすればいいかわからない」、「生活リズムが乱れていて仕事が長続きしない」など、さまざまな相談に応えるとともに、福祉サービスを申請する場合に必要となるサービス等利用計画を作成する役割を担っています。

事業内容

利用者が望む地域生活を実現するために、就労や生活環境など総合的に相談できる窓口

相談・アセスメント
不安や課題、将来の目標などを整理します
サービス等利用計画の作成
必要な福祉サービス利用のために必要なプランを作成します
モニタリング
定期的に利用状況をヒアリングし、必要時にはサービス調整をします

事業所数:2拠点 
登録者数:95名(2022年4月1日現在)