fbpx

就労移行支援とは(特長・流れ)

あなたらしい働き方を一緒にみつける場所です

身体障害や難病、精神障害、発達障害、知的障害等のある皆さま一人ひとりが望むかたちの就職に向けてサポートする就労移行支援サービスです。

就労移行支援とは

就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつです。障害のある方が就労に向けたトレーニングをおこない、働くために必要な知識やスキルを学習し、就職後も職場に定着できるようサポートをおこないます。 「働きたい」という気持ちはあるものの、さまざまな悩みや不安から、誰にも相談できなかったり、なかなか踏み出せないという方は多いかもしれません。そんな方の「働きたい」という気持ちに寄り添い、一つひとつ課題を解決しながら、希望にあわせた就職スタイルで働けるように働き続けられるように支援するサービスです。

就労移行支援事業所プラスオフィスの特長

  • 生活スタイルにあわせて
    選べる訓練環境

    あなたの体調や症状、目標にあわせて、就職の準備をする環境を選択。自宅からオンラインで訓練するか、プラスオフィスに通って訓練するかを選べます。

  • スキルアップできる充実した
    オンラインプログラム

    ビジネススキルやコミュニケーションスキル、400以上種類のあるe ラーニング、運動や生活改善など、多数のプログラムをオンラインで受講できます。

  • 安心して働き続けるための
    就職後のフォローアップ

    就職はゴールではなく新しいスタート。就職後も安心して働くためのサポート体制も充実。あなたと企業の間に入り、長く安心して働くための環境調整をおこないます。

就労移行支援事業所プラスオフィスの流れ

訓練、企業実習、就職活動し、就職後に安心して働き続けるまでのプロセスです。通所訓練は、一般企業で長く働くために段階的に生活リズムを整え、実習や就職活動に必要な応募書類の作成・添削や面接対策のサポートをおこないます。在宅訓練は、在宅就労に必要な生活面の土台とスキル向上を図り、就職先の企業の模擬業務に取り組みながら、自分らしい働き方を実現していきます。

  • Stage1

    安定して働くための
    規則正しい生活を整える

    就職後を意識した規則正しい生活と、週40時間働ける状態を段階的に整えていきます。在宅訓練を通して、自分のペースで一般就労を目指すことも可能です。 生活リズムの構築とあわせて、ビジネススキルやストレスコーピングなど働くための基盤になる部分を整えます。

    主なプログラム

    キャリアデザインプログラム/ビジネスマナープログラム/ストレスコーピング/運動プログラム/グループワーク/実践訓練 など

  • Stage2

    どんな仕事が向いている
    のか、実際に試してみる

    仕事の選択肢を増やしていくためには、色々な知識を学び実践することが大切です。 プラスオフィスでは、事業所内でおこなう模擬業務や実際の企業や店舗にて業務を経験することのできる企業実習を体験しながら、自分にあう仕事や職場環境をみつけます。

    主なプログラム

    電話訓練/データ入力/集計・分析/グループミーティング/企業実習プログラム など

  • Stage3

    働く準備が整ったら
    就職活動をおこなう

    履歴書や職務経歴書の作成・添削、面接対策をおこないながら就職活動します。また必要に応じて面接にスタッフが同行します。 在宅就労を希望の場合は、オンライン面接や企業によっては自宅に訪問して面接を実施する場合があります。

    主なプログラム

    履歴書、職務経歴書作成のフォロー/模擬面接/ハローワーク同行/面接同行/求人検索フォロー/企業研修のフォロー など

  • 就職

    内定をもらう
    就職先を決定する

    希望にあわせて、障害をオープンにする障害者雇用、またはクローズで就職する一般雇用にて就職を決定。長く働き続けることができるように、入社前に必要な合理的配慮、トライアル雇用の活用など、経験豊富な専門スタッフがサポートします。

  • Stage4

    定期面談をしながら
    安心して働き続ける

    新しい職場環境・仕事に慣れるまでは、定期的な面談を実施し、仕事上の悩みや課題、問題点をスタッフと一緒に解決方法を考えます。 また必要に応じて、あなたと企業の間に入り円滑に勤務ができるよう仕事環境を調整しながらサポートします。

    主なプログラム

    定着面談(対面・オンライン)/企業訪問/業務内容のヒアリング及びアドバイス/OBプログラムへの参加 など

  • Stage1

    安定して働くための
    規則正しい生活を整える

    就職後を意識した規則正しい生活と、週40時間働ける状態を段階的に整えていきます。在宅訓練を通して、自分のペースで一般就労を目指すことも可能です。 生活リズムの構築とあわせて、ビジネススキルやストレスコーピングなど働くための基盤になる部分を整えます。

    主なプログラム

    キャリアデザインプログラム/ビジネスマナープログラム/ストレスコーピング/運動プログラム/グループワーク/実践訓練 など

  • Stage2

    どんな仕事が向いている
    のか、実際に試してみる

    仕事の選択肢を増やしていくためには、色々な知識を学び実践することが大切です。 プラスオフィスでは、事業所内でおこなう模擬業務や実際の企業や店舗にて業務を経験することのできる企業実習を体験しながら、自分にあう仕事や職場環境をみつけます。

    主なプログラム

    電話訓練/データ入力/集計・分析/グループミーティング/企業実習プログラム など

  • Stage3

    働く準備が整ったら
    就職活動をおこなう

    履歴書や職務経歴書の作成・添削、面接対策をおこないながら就職活動します。また必要に応じて面接にスタッフが同行します。 在宅就労を希望の場合は、オンライン面接や企業によっては自宅に訪問して面接を実施する場合があります。

    主なプログラム

    履歴書、職務経歴書作成のフォロー/模擬面接/ハローワーク同行/面接同行/求人検索フォロー/企業研修のフォロー など

  • 就職

    内定をもらう
    就職先を決定する

    希望にあわせて、障害をオープンにする障害者雇用、またはクローズで就職する一般雇用にて就職を決定。長く働き続けることができるように、入社前に必要な合理的配慮、トライアル雇用の活用など、経験豊富な専門スタッフがサポートします。

  • Stage4

    定期面談をしながら
    安心して働き続ける

    新しい職場環境・仕事に慣れるまでは、定期的な面談を実施し、仕事上の悩みや課題、問題点をスタッフと一緒に解決方法を考えます。 また必要に応じて、あなたと企業の間に入り円滑に勤務ができるよう仕事環境を調整しながらサポートします。

    主なプログラム

    定着面談(対面・オンライン)/企業訪問/業務内容のヒアリング及びアドバイス/OBプログラムへの参加 など

サービス紹介に戻る